5G(第5世代移動通信システム)ニュース

ファーウェイ、2019年「フォーチュン 500」で第61位にランクイン 昨年より11位のランクアップ




本リリースはグローバル版のリリースを翻訳したものです。

2019年7月、 ファーウェイは2019年「フォーチュン500」で第61位にランクインしました。 昨年と比べると11ランクの上昇、 また2017年からは68ランクの上昇となり、 飛躍的な上昇を続けています。
 

フォーチュン 500のランキングは、 企業の規模に重点を置き、 収益と利益に従って企業をランク付けしています。 フォーチュン 500は、 国や地域、 文化の違いを超える国際経済のパラメーターで、 企業の実力、 規模、 国際競争力を評価する基準となります。

ファーウェイのランキングが上昇した一つの要因は売上の上昇です。 前年度比22%の増収、 27.5%の増益となりました。 しかし、 それよりもランクの上昇に貢献したのはファーウェイの卓越した技術力です。

ファーウェイ コンシューマービジネスグループのCEO リチャード・ユーは次のように述べています。
「ファーウェイにとって、 フォーチュン500でのランキングの上昇は、 2019年に達成したもう一つの成功ともいえるでしょう。 私達が消費者の皆様に最新の技術を提供し、 常に研究開発に投資し、 革新を続けることが、 結果的にファーウェイのランキングの上昇につながっています。 」

今年、 ファーウェイは4年連続でBrandZ™ の「世界で最も価値のあるブランドTop100」にランクインしました。 最も大きな受賞理由は、 HUAWEI P30の優秀なカメラシステムや空前の技術イノベーションを遂げたHUAWEI Mate X、 そして注目のHUAWEI Mate 20 X (5G)に代表されるファーウェイの革新的な技術イノベーションです。

ファーウェイ コンシューマービジネスグループについて

ファーウェイの製品とサービスは世界170カ国以上にまたがり、 世界人口の3分の1以上にサービスを提供しています。 また、 北米、 ヨーロッパ、 日本、 インド、 中国に14の研究開発拠点を設けています。 コンシューマー事業は、 携帯電話、 パーソナルコンピューターおよびタブレット、 ウェアラブルデバイス、 モバイルブロードバンド端末、 ホーム端末、 一般消費者向けクラウドに及び、 ファーウェイの3つの基幹事業のうちのひとつとなっています。 ファーウェイの30年以上にわたる強固な通信事業を基盤とするコンシューマー事業は、 そのグローバルネットワークの優位性や運用能力、 世界にまたがるビジネスパートナーシップによってより新しいテクノロジーを提供し、 それを世界の様々な国や地域で利用できるよう努めています。

コンシューマービジネスグループの詳細と最新の製品については、 以下よりご確認ください。
https://consumer.huawei.com/jp/







- 5G(第5世代移動通信システム)ニュース
-, , ,

© 2021 5G (第5世代移動通信システム)インフォ