5G(第5世代移動通信システム)ニュース

多彩なウォッチフェイス &手軽に健康管理※1可能なお手頃スマートバンド登場!『HUAWEI Band 4』 11月22日(金)より発売




華為技術日本株式会社(以下、 ファーウェイ・ジャパン)は、 日常生活のサポートから、 健康管理やワークアウトまで対応した※1スマートバンド、 『HUAWEI Band 4』を11月22日 (金) より発売します。 カラーはアンバーサンライズ、 グラファイトブラック、 サクラピンクの3色展開。 市場想定売価は4,800円(税抜)になります。
『HUAWEI Band 4』は、 シンプルながらもマルチスポーツに対応する多機能性で好評を博した『HUAWEI Band 3』をより使いやすくファッショナブルにし、 さらにバージョンアップした製品となっております。 睡眠、 心拍数、 ワークアウトのモニタリング、 着信通知やスマートフォン探索などのスマートアシスタントなど、 様々な機能を搭載し、 さらにAndroidスマートフォンであれば、 30種以上の多彩なウォッチフェイスがダウンロード可能です。 初めてスマートバンドを試したい方や、 ジムに通っている方や、 ランニングをする方で、 手軽に健康管理※1やワークアウトの記録を行いたい方におすすめの製品となっています。

※1:本製品は日常的な運動・健康管理のための製品であり、 医療機器ではありません。 本製品のデータは医療行為または精度を要する業務・専門的な計測には使用いただけません。

『HUAWEI Band 4』の主な特長 

■スタイリッシュなデザインと多彩なディスプレイ

0.96インチのTFTカラーディスプレイ、 160×80ピクセルの高解像度が豊かな視覚体験を提供します。 Androidスマートフォンであれば、 30種類以上の多彩なウォッチフェイスをダウンロードでき、 気分やシーンに合わせて好きなデザインを選ぶことができます。 ウォッチフェイスは今後ラインナップを追加予定です。 スポーツをはじめ、 さまざまな日常のシーンを彩ります。

■内蔵USBプラグで簡単に充電可能※2

『HUAWEI Band 4』は直接USBプラグが内蔵されており、 バンドを外すことにより、 充電ケーブルが無くても直接充電器やパソコンのUSBポートに差し込むことができます。 また、 バッテリーは通常使用で約9日間駆動します※3。

※2:本製品を充電器に接続する際は、 USBポートの電極面を合わせて接続する必要があります。
※3:心拍数継続監視OFF、 睡眠モニタリングOFF、 手首を上げて画面を起動のOFF、 毎日200回時間を確認、 通知50回、 着信3回、 アラーム通知3回、 毎週平均運動90分使用想定した、 ファーウェイラボによる検証結果であり、 実際の利用環境では異なることがあります。

■睡眠モニタリングで睡眠を分析

『HUIAWEI Band 4』は、 睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleepTM 2.0」を搭載し、 睡眠中の心拍数をモニタリングして睡眠を計測し、 睡眠時間はもちろん、 深い睡眠、 浅い睡眠、 レム睡眠の割合や、 深い睡眠の連続性など、 睡眠の質を分析します。 6種類の睡眠に関する課題を取り上げ、 睡眠に良いとされる情報を提案します※1。 また、 夜間の心拍数計測時には目に見えない不可視光線を使用し、 睡眠時にも気にせず装着いただけます。

■心拍数モニタリング機能※1

HUAWEI TruSeen™3.5は、  プロ仕様にカスタマイズされたデバイスとして、 自社開発のAIアルゴリズムにより、 心拍数をより精確にモニタリングし、 24時間リアルタイムに計測します。 また、 心拍数が最大平均心拍数を超えた場合、 振動してお知らせします。

■9つのワークアウトに対応

屋外/屋内ランニング、 屋外/屋内ウォーキング、 屋外/屋内サイクリング、 ローイング、 エリプティカル、 自由訓練まで多様なワークアウトに対応しています。 また、 5ATMの防水機能※4をもち、 屋内外どちらのアクティビティでも快適に利用できます。
※4:50mの耐水性能があることを意味します。 温水での使用は推奨しておりません。

■シンプルかつ便利な機能

着信や、 メッセージなどの通知を『HUAWEI Band 4』から受け取ることが可能です。 また、 スマートフォンの場所がわからなくなったとき、 Bluetooth接続していれば、 マナーモード設定中でも『HUAWEI Band 4』からスマートフォンの音を鳴らして探すことができます。 さらにリモート撮影機能も搭載し※5、 集合写真や遠くからの撮影でもリモート撮影スイッチとして活躍します。
※5:EMUI8.1以上の端末のみ対応

ファーウェイデバイス 日本・韓国リージョン プレジデント呉波(Wu Bo)よりコメント:

「ファーウェイは、 スマートフォンからオーディオ、 ウェアラブルデバイスまで、 常にお客様のニーズに応える魅力的な製品と新しいユーザー体験をお届けできるよう、 製品開発を行っています。 結果、 IDCが発表したウェアラブルデバイス市場に関するデータ※6によると、 2018年の第1四半期に続き、 2019年の第1四半期でも、 世界市場において第3位のシェアを誇り、 対前年成長率282.2%という急成長を記録しました。 今回発売する『HUAWEI Band 4』は、 『HUAWEI Band 3』からさらに進化し、 よりファッショナブルかつ、 ランニングやサイクリング、 エリプティカルといったマルチなワークアウトに対応するなど、 フィットネスライフをより豊かにしてくれるスマートバンドとなっています。 日常生活でも、 睡眠トラッキングや心拍数測定などの機能により、 今までスマートバンドを使用したことがない方でも気軽にお試しいただけます。 ファーウェイは、 これからも継続して技術とデザインの進化に励み、 日本のユーザーの皆様によりスマートな体験をお届けし続けることを目標に努力してまいります。 」

※6:Source: IDC Press Release, " Ongoing Demand Fuels a Strong Growth Trajectory for Wearable Devices in Q1 2019 with Wrist-Worn and Ear-Worn Leading the Market, According to IDC", May 30, 2019
 

※1:本製品にはISO規格22810:2010に基づく50メートルの耐水性能があることを意味します。 温水での使用は推奨しておりません。 ※2:ファーウェイラボのデータを参考にしています。 実際の使用状況によって変動します。 ※3:Androidのみの対応■画像はハメコミによるイメージです。 ■掲載の商品写真に関しては、 色など実物と若干異なる場合があります。 ■掲載商品の仕様・性能は予告なしに変更する場合がありますのでご了承ください。 ■本製品は日常的な運動・健康管理のための製品であり、 医療機器ではありません。 本製品のデータは医療行為または精度を要する業務・専門的な計測には使用いただけません。 ● HUAWEI ロゴはHUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD. の登録商標または商標です。 ● Bluetooth(R) は米国Bluetooth SIG,Inc. の登録商標です。 ● Android は、 Google LLC の商標または登録商標です。 ● IOS はCisco の米国およびその他の国における商標、 または登録商標であり、 ライセンスに基づき使用されています。 ● その他会社名、 各製品名は、 各社の商標または登録商標です。

製品の詳しい情報は

■『HUAWEI Band 4』 製品ページ:

https://consumer.huawei.com/jp/wearables/band4/

『HUAWEI Band 4』取り扱い店
ファーウェイ 楽天市場店、 ファーウェイ Yahoo!店ほかほか、 下記の家電量販店、 ECサイトなどで販売いたします。

家電量販店(50音順):
■株式会社エディオン (WEBのみ/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ケーズホールディングス (WEBのみ)
■上新電機株式会社 (WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ノジマ (WEBのみ)
■株式会社ビックカメラ
■株式会社ヤマダ電機 (WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ヨドバシカメラ

ECサイト(50音順):
■アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)
■株式会社企画室ゆう (Caravan Yu)
■株式会社シスキー (e-TREND)
■株式会社ムラウチドットコム
■楽天株式会社(Rakuten, Inc.) (楽天ブックス)

 







- 5G(第5世代移動通信システム)ニュース
-, , , ,

© 2020 5G (第5世代移動通信システム)インフォ