5G(第5世代移動通信システム)ニュース

世界初:12 Kワイド映像と照明を同期した未来型ライブビューイングを実施 最先端ライブスペクタクル「VISIONS SUPER LIVE VIEWING supported by LDH」




株式会社IMAGICA GROUP(代表取締役社長:布施 信夫)と株式会社ロボット(IMAGICA GROUPの連結子会社)は、一般社団法人 映像配信高度化機構※1(東京都港区、理事長 中村伊知哉)と株式会社NTTドコモの協力を得て、未来型スーパーライブビューイング「VISIONS SUPER LIVE VIEWING supported by LDH」を、株式会社LDH JAPAN(代表取締役CEO:森 雅貴、以下 LDH)の特別協力のもと、 LDH所属アーティストである「E.G. family」のライブビューイングとして、3月24日(日)、東京国際フォーラムにて開催いたしました。
NEWS RELEASE

各 位                                         2019年5月30日

                      世界初:12 Kワイド映像と照明を同期した未来型ライブビューイングを実施
最先端ライブスペクタクル「VISIONS SUPER LIVE VIEWING supported by LDH」

株式会社IMAGICA GROUP(代表取締役社長:布施 信夫)と株式会社ロボット(IMAGICA GROUPの連結子会社)は、一般社団法人 映像配信高度化機構※1(東京都港区、理事長 中村伊知哉)と株式会社NTTドコモの協力を得て、未来型スーパーライブビューイング「VISIONS SUPER LIVE VIEWING supported by LDH」を、株式会社LDH JAPAN(代表取締役CEO:森 雅貴、以下 LDH)の特別協力のもと、 LDH所属アーティストである「E.G. family」のライブビューイングとして、3月24日(日)、東京国際フォーラムにて開催いたしました。

<写真1> メインスクリーンは横18m×縦3.5m、サブスクリーンも入れると30mの巨大映像が照明や電飾と連動。

<写真2> 12Kに加え、8K4K2Kと多彩なメディア特性を、映像表現として生かした最先端ライブスペクタクル演出。

<写真3>約700名の来場者が、ライブ会場と一体となって盛り上がった。

2020年の東京五輪、そしてその先の未来に向け、テクノロジーは劇的な革新を迎えています。今回の「VISIONS」は、昨年実施した 「VISIONS - “TOKYO GIRLS COLLECTION 2018 SPRING/SUMMER” powered by Kirari!」から更に進化。横方向に8Kを超える12Kピクセルの映像を映し出す大型ワイドスクリーンと複数台のスクリーンの映像と、ライブ会場の照明を同期させた光のリアルタイム伝送を組み合わせ、映像と光による最先端ライブスペクタクルとして、未来型ライブビューイングの実現に成功いたしました。

12K大型ワイドスクリーン(横18m、縦3.5m)では、複数の4Kカメラで撮影した、継ぎ目のないパノラマ映像をリアルタイムで合成、ライブ伝送することにより、距離を超え、ライブのステージがあたかも目の前に存在するかのようなリアリティーを実現。12Kワイドスクリーンと両サイドに設置された2Kスクリーンを合わせ、横30mを超える巨大な映像空間による圧倒的な臨場感を演出しました。そして、今回世界初となる取り組みとして、ライブ会場の照明・電飾の信号を映像とともに同期伝送することで、ライブ会場と東京会場が同じ光の演出で彩られ、映像と光の織りなす新しいライブスペクタクルが生まれました。※2

また、新しいライブビューイングのスタイルとして、会場ゾーニングによる体験スタイルを提案。ライブを熱く楽しみたい方はスクリーンに囲まれる前方エリア、マルチスクリーンと空間演出全てを体感したい方は後方エリア、軽食・ドリンクの飲食をしながらライブを楽しむことができるスペースなど、来場者の方が様々なスタイルで体験できるスペースを提供いたしました。

未来型スーパーライブビューイング「VISIONS SUPER LIVE VIEWING supported by LDH」。超臨場感映像と光の同期伝送、そして空間演出により、アーティスト・観客同志がつながっているかのような、時空間を超える感動の共有、イマーシブな体験による新しいライブエンタテインメントを創出いたしました。

<ライブビューイングイベントの概要>日時   2019年3月24日(日) 受付開始:16:00 開演:17:00
会場   東京国際フォーラム ホール B7 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
参加   dヒッツ®※3(NTTドコモストリーミング音楽サービス)契約者を対象に募集
後援   一般社団法人映像配信高度化機構
特別協力 株式会社LDH JAPAN

 

※1 一般社団法人 映像配信高度化機構について
一般社団法人 映像配信高度化機構は、高度映像(4K・8K、高臨場感等)技術及び高速大容量の通信ネットトワークを活用した高度映像配信サービスの技術的な検証を加速し、世界に先駆けて、当該サービスの開始と、その普及・展開を推進すべく設立されました。高度映像配信サービスの実用化、普及展開に積極的に取り組む様々な事業者が参画しています。
※2  NTT研究所の超高臨場感通信技術 Kirari!を利用
※3 「dヒッツ®」は、株式会社NTTドコモの登録商標

[VISIONS]とは?>

「テクノロジー×コンテンツ×クリエイティブ」が作る未来。[VISIONS]とは、IMAGICA GROUPが提案する新しいライブビューイングのイメージシンボルです。
東京五輪大会が開催される2020年、そしてその先の未来に向けて、メディア、テクノロジーは劇的な革新を迎える
ことになります。映像は進化し、コミュニケーション、空間や体験へと拡張します。情報通信環境の発達と共に、スポーツや音楽、ライブ、舞台など、リアルな体験は豊かになり、ライブエンタテイメント市場は拡大していきます。
IMAGICA GROUPは、時代を創る様々なパートナーと連携し共創することで、最先端テクノロジーとメディア、クリエイティブそしてコンテンツを融合、新しい映像体験の機会創出を目指して、未来志向型のメディアエンタテインメントを切り拓きます。
「メディアの高精細化」「トラフィックの高度化」が加速する中、新しい価値創造に挑戦、この取り組みが、クリエイティブを広く刺激、エンタテインメント産業をさらに進化させ、多くの方が新しいスタイルでたくさんのコンテンツを楽しみ、豊かな文化を創造していく時代を切り拓いていければと考えています。
視覚としての映像ビジョンが、空間や場所を超えてつながることで、様々な体験や共有、コミュニケーションとして拡張し、たくさんの未来の[VISIONS]を創造します。







- 5G(第5世代移動通信システム)ニュース
-

© 2021 5G (第5世代移動通信システム)インフォ