5G(第5世代移動通信システム)コラム

5G (第5世代移動通信)で本当に変わること、「映画がまるごと数秒でダウンロードできる」がすべてではない

2019年7月6日




・5G (第5世代移動通信)に対する疑問

昨今、テレビニュースなどでも報道され、5Gの認知は急速な広がりを見せています。

しかし、テレビなどで「映画がまるごと~」のように紹介され、5Gは今までよりも高速・大容量になるだけのものなのか?と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

そこで、高速・大容量だけではない5Gのすごさを紹介いたします。

・5Gで変わるのは、遅延

5Gでは、無線区間での遅延が理論上1ms(msは1000分の1秒を示す単位)程度になります。
これは、現行の4Gの10msに比べて、遅延が10分の1になる可能性を秘めているということです。

以下に詳しく説明します。

・通信と遅延

通話の際に相手の返事がワンテンポ遅れてくることがあります。
あるいはテレビ中継などで海外の特派員が返事するまで少し時間がかかります。

このように通信には遅延がつきものです。

しかし5Gでは、この遅延が今までより格段に少なくなる可能性があるのです。
そのため、5Gになると今までは実現できなかった様々なサービスが可能になるかもしれないのです。

・低遅延5Gを活用したサービスの可能性

現在、5Gの低遅延を利用したサービスとして、遠隔医療、自動運転、クラウド型ゲームなどの開発が進んでいます。

遠隔医療では手術用医療ロボットの遠隔操作、自動運転では車載コンピュータの補助・代替、クラウド型ゲームの普及に低遅延の5Gが役割を果たすと考えられます。

・今まで必要であったものが必要で無くなる

低遅延の5Gによって、遠隔医療が進めば、少数の熟練した医師が各地の手術を一手に担当するようになるかもしれません。

クラウド型ゲームが主流となると、高価なCPUを搭載したスマートホンがなくても、高精細な映像を多用したゲームがスムーズに動作するようになるかもしれません。5

Gにより、今まで必要であったものが必要で無くなり、私たちの身の回りにも大きな変化をもたらす可能性を秘めているといえるでしょう。







- 5G(第5世代移動通信システム)コラム
-

Copyright© 5G (第5世代移動通信システム)インフォ , 2019 All Rights Reserved.